唇は、ケアを怠ると縦じわがふえたり、乾燥して皮がめくれてしまったりと、トラブルが起きやすい箇所です、唇は、特に皮の薄い部分ですので、自分の肌に負担にならないように、そしてやさしくケアするのがポイントです。
唇のケアを考える場合には、肌にやさしいのはもちろん、万が一口に入ってしまっても害のないものを選ぶようにしましょう。唇専用のリップクリームであっても、肌荒れを起こすことはあります。リップクリームの成分表をみてみると、さまざまな添加物が含まれているからです。そういう意味でも白色ワセリンは優秀です。どこのドラッグストアでも置いてありますし、すぐれた保護効果が持続します。
唇の荒れがひどい場合の塗り方のポイントは、たっぷりの量を使うことです。お風呂上りなどでしたら最も好ましいのですが、まず唇にたっぷりの白色ワセリンを塗り、その上からサランラップを小さく唇の形にあわせて切ったものをかぶせます。そうしてしばらく蒸らすようにすると、唇がぷっくりします。
白色ワセリンは、唇のパックだけでなく、普段使いにも有効です。唇に限らず顔のどこでも、荒れがささくれ立ちがめだったら、その箇所にすこし塗りこむだけで、肌を保護してくれます。
優秀なはたらきをするワセリンをうまく使ってトラブル知らずの肌にしましょう。