唇周りのトラブルに口角炎があります。口角炎とは口の両端部分に炎症が生じて、その炎症がおきている両端部分が裂けるように亀裂がはいったりします。ひどくなると腫れたり出血したりするので、女性の方はとくに気になる病気になります。原因はさまざまありますが、胃腸の調子がよくなかったり、肩こりがひどかったりするとできることがあります。日ごろの食生活から引き起こる場合があり、偏食をしていると引き起こる可能性が高くなります。口角炎の対策は、ビタミンB2・ビタミンB6・ナイアシン・ビタミンA・ビタミンCなどを多く摂取すると予防や改善効果があります。ビタミンB2は、炎症を抑える働きがあり、粘膜を保護する効果があります。水溶性になるので体内に蓄積されない成分になるので、毎日摂取する必要があります。ビタミンB2が多く含まれている食物は、豚レバーや牛レバーになります。ビタミンB6は粘膜を強化する働きがあります。にんにくやまぐろに多く含んでいます。ナイアシンは皮膚や粘膜の健康を保つ働きがあり、たらこに多く含まれています。ビタミンAは皮膚の抵抗力を強化する効果があり、ビタミンCは抗酸化作用で健康を維持する働きがあります。バランスのとれた食事を心がけるように気をつけると良いです。