身体の中から口角炎改善

| 未分類 |

一度できるとなかなか治りにくく、長い間持ち主を苦しめる口内炎は、食生活の乱れとの関連が深く、特に、粘膜の健康維持に重要な役割を果たすビタミンが不足すると、粘膜の健康が維持できなくなった結果として口内炎が起こってしまいます。

たとえば、ビタミンB1、B2、B6を初めとしたB群のビタミンが不足すると、口内炎が起こりやすくなります。
B1は糖質の代謝や疲労回復、神経組織の安定に不可欠なビタミンで、ストレスや疲労が原因で生じる口内炎の予防に効果的です。
また、B2は脂質の代謝を助けてエネルギーを生成をスムーズにするとともに、粘膜を保護する役割を担っています。
B6は皮膚・粘膜の強化のために必要なビタミンで、炎症を抑える働きもあるので、これらのビタミンが不足しないように摂取することが口内炎予防に重要といえます。
ビタミンB群はレバー類に多く含まれているので、口内炎ができやすい方は積極的に食べることが大切ですが、B1は豚肉、B2は乳製品やのり、B6はマグロやバナナなどにも多く含まれているので、レバーの苦手な方はこれらの食べ物で代用しましょう。

なお、皮膚や粘膜の健康維持にはビタミンA(βカロチン)やビタミンC、亜鉛などの栄養素も大切なので、これらが多く含まれている緑黄色野菜や果物、海藻類などもしっかりと食べることが大切です。
特に、コンビニ食中心の食生活を続けていると、こうしたビタミン・ミネラルが不足しやすいので、コンビニ食のときでも海藻サラダや果物を一品添えるなど、栄養バランスのよい食生活を心がけましょう。