リップクリームは乾燥予防にぬると効果があります。しかし、すでに乾燥し、ひび割れをおこしてしまった唇を治す効果はあまり期待できません。
普段のリップクリームでのケアを怠ってしまい、ひび割れを起こしたときは、白色ワセリンが効果があります。
白色ワセリンは、血行を良くするため、指先でとんとんと軽く叩きながら塗り広げます。就寝前は多めにつけると良いでしょう。ただ、外出時は紫外線により油焼けすることもあるので避けたほうが良いです。
蜂蜜も荒れた唇の回復に良いといわれています。蜂蜜をたっぷりつけ、その上をラップで覆い5分から10分ほど放置します。甘いからといって舐めてはいけません。
ちなみに唇をラップで覆うのは白色ワセリンでも効果があります。
唇は食生活の乱れが現れる場所でもあります。保湿だけでなく、食生活にも気をつけましょう。
特にビタミンB2は皮膚に良いとされています。レバーや納豆、たまごに多く含まれていますが、なかなか食べづらい時は、サプリメントで補うと良いでしょう。
また、なかなか治らない場合は皮膚炎や、胃にトラブルがあることも考えられます。症状が治まらず、唇の状態があまりにひどくなた時は、場合は病院を受診しましょう。